F's Feeling Fine
2003. 09. 25
高校生までは,ひたすらこれでSQUAREやカシオペアを完コピしてました.
それまでのスタンダードクラスのエレクトーンと比べると,
ベースも1.5オクターブになり,さらにリズムも打ち込めて,
FMの音作りができ,ちょっとだけAWMもあって,外装もブラック,蓋が譜面立になって(笑)…と,
当時としては新しいことづくめで驚きでした.
今でも実家に帰ると,たまに弾きます.
comments(0) 楽器
2003. 09. 25
マイファーストシンセです.
価格も重量級(笑)でしたが,ハードケースに入れたらあまりに重すぎて1人では運べず,
あまりライブでは活躍できませんでした.
さすがにFMエレピは気持ち良く弾けました.
あと,「エンペラー」という音色は今でもはっきり覚えています…
comments(0) 楽器
2003. 09. 25
RolandのVSシリーズが流行始めたころ,こちらは「非圧縮」だということで購入してみました.
…が,バックライトもなく,同時録音2chでミキサーの代わりにもならず,結局知人に譲りました.
そもそも,歌やギターなどの生楽器を使わない人には,この手のモノはあまり意味がなかったり…
comments(0) 楽器
2003. 09. 25
音は多少悪くても良いので,気軽に持ち運びできるとにかく軽いシンセということで買いました.
本当に軽くて,学生時代はこれを自転車のカゴに乗せてよく出動しました.
意外にオルガンやパッド,ストリングスは結構いい音です.
鍵盤がかなりしょぼいのと,見た目がチープですが,この軽さに免じて許します(笑).
comments(0) 楽器
2003. 09. 25
小型シーケンサのベストセラーのようです.実際に使ってみてその理由に納得です.
普段の曲作りでは使ってませんが,ライブやパーティなどでピアノを演奏するとき,
どうしてもちょっとしたシーケンスが欲しいときに重宝してます.
あと変拍子の曲や,途中でテンポが変化したりする曲をバンドで練習するときの
メトロノーム代わりにも使ったりしてます.
comments(0) 楽器
2003. 09. 25
さすがに大きな会場でのライブにX5は見栄えが悪いのと,
車に乗るようになって,多少大きいシンセでもスタジオに持ち運べるようになったので購入しました.
音色はJVとほぼ同じだと思います.
シーケンサのON,OFFを任意の鍵盤にアサインできる機能があるんですが,
どうしても手がたりないフレーズとか,SEぽいフレーズなどをライブで弾くときにこれが結構役に立ちました.
とっさのためのリバーブのON,OFFボタンは良いです.
ただRolandのシンセはほとんどそうですが,
ピッチベンドはスティックタイプでなくホイールのほうが自分は使いやすいです.
comments(0) 楽器
2003. 09. 25
エフェクトもなし,同時発音数も16音ですが,特に気にならず使っています.
48kHzサンプリング,18bitDACのためか,金物系はいい音のような気がします.
ただラインアウトのSNが悪く,常にサーと鳴っているのがちょっと気になります.
comments(0) 楽器
2003. 09. 25
オリジナル曲はすべてこの鍵盤でリアルタイムに演奏したものです.
がっちりした見た目も,シンプルな機能も,最近流行の家具調色でないところも,
ホイール類が鍵盤の上側でなく左横にあるところも…すべて満足しています.
天板のフラットな部分に奥行きがあるので,そこにノートPCを乗せて使っています.
唯一残念なのは,ボタン2度押しでパネルキーをロックしても,
激しく弾いている途中で手がボタンに触れてしまい,いつの間にか解除されるところです.
後継のP-250では改善されたようですが…
comments(0) 楽器
2003. 09. 25
基本的にはJVと同じようですが,SRXカードが使えるのがいいですね.
MUと違って,パッチでの音色はエフェクト込みなので,マルチに持ってきたときに
エフェクトがいったん切れてしまうところなどは,やはりどちらかというとシンセ系の使い勝手です.
MU2000のドラムとベースを補強するつもりで購入しましたが,
ほぼオールマイティにいい音がします.PC用のエディタもあるのも○です.
すべてこれ1台でもいけそうですが,プリセット,SRXのアコピが好みでないため,
これからもMU+PFを併用するつもりです.
comments(0) 楽器
2003. 09. 25
初めてDTM音源というカテゴリのものを買いました.
さすがにマルチで鳴らすことを前提としてるだけあって,作曲するにはとても使いやすいです.
オリジナルを作り始めて数年はずっとこれ1台でやってました.
各音色をシンセの音と比べると,確かにゴージャス感は負けますが,
マルチで鳴らすことを考えれば,そのほうがすっきりする気がします.
XGWorksとこれさえあれば,とりあえずひととおりのことはできると思います.
あと,一見地味なサンプリング機能ですが,手軽でいいですよ.
PFボードはお気に入りです,手放せません.
comments(0) 楽器
<< | 2/2 |